solamade report

小諸は、農業にもアウトドアにも最高の場所

浅間山の裾野に位置する小諸市・塩野は、標高800~1000m、高原野菜の一大産地です。出荷時期を迎えた白菜やキャベツの緑色と、背後にそびえる浅間山の紅葉が調和する季節、solamadeを訪ね、代表の塩川さんにお話しを聞きました。案内されたのは、畑の傍らに置かれたトレーラーハウス。出荷や売上の計算など、パソコンが必要な事務作業はここでするとのことで、お洒落です。しかも履いているのは登山靴。えっ、登山靴で農作業する人に、はじめて出会いました。
「農業ほど面白い仕事はないんですよ。ぼくは楽しくてやっているのに、みんなに大変ですねっていわれてしまう。農業の魅力がちっとも伝わっていない現状を変えていきたいんです!」熱く語る塩川さんに、この土地で働くメリット・喜びについてお聞きしました。
「農業という面でいうと、土がいいんです。火山灰土で水はけがいい上、肥料の持ちがいい。しかも農地として何百年という歴史があるので、人の手によってどんどん良い土に改良されてきた。だから、野菜が元気に育つんです。
生活という面でいうと、アウトドアには最高だと思います。山はすぐ近くだし、登山もできればキャンプや釣りもできます。寒くなれば畑の横で焚火もする。畑にテントを張って楽しんでいた人もいました。都会では考えられないような生活をしていますね。
軽井沢がすぐそばというのも、魅力の1つかな」
Solamadeの社員は塩川さんを含めて現在5名。全員20代なのでお互いに感覚が近く話もしやすいとのこと。
「県内外からアルバイトの人も来ます。太陽の下で汗をかいて働いているうちに『人間らしくなった』『健康になった』『元気になった』って皆自覚するみたいですね。農業って、健康面からもお薦めの仕事です。気持ちもポジティブになりますよ!」
見るからに元気そうな社員一同を写真に撮り、この日の取材を終えました。

※solamade「そらまで」-社名に込めた思い-
野菜は自然(そら)が作る物…だから、そらmade。
農業の夢をどんどん広げて、高見まで成長できる会社にしたい…だから、そらまで。
標高の高いぼくたちの畑は、空にとっても近い場所にある…だから、そらまで。

この情報サイトを運営する「solamade」では、
solamadeでは現在、共に農業に取り組む仲間を募集しています。
興味のある方は下記求人募集サイトURLより、エントリー受付中です!!
http://solamade.net/landing